レッスンの前日にお客様にリマンドメール、つまりレッスン前日のお知らせメールを送信する方法をご案内します。

一度、設定をしておけば自動的に毎日送信されるようになります。

一括配信メール管理 >> 一覧 >> 新規追加 を開きます。

一括配信メール管理_管理画面_DEMOCOOKING_-_2017-03-06_15.49.33

お客様へ >> 基準指定 >> 設定を行う を開きます。

一括配信メール管理_管理画面_DEMOCOOKING_-_2017-03-06_15.53.39

登録画面が開きますので、必要事項を入力します。
一括配信メール管理_管理画面_DEMOCOOKING_-_2017-03-06_16.01.36

配信設定名

「レッスン前日のリマンドメール」など覚えやすい名前を設定してください。
管理画面の一覧にのみ表示され、お客様には見えません。

有効/無効

「有効」にセットしてください。入力中の配信を実施したくない場合は無効にします。

配信基準

「予約日」の「1」日前に送信する
にセットしてください。お客様のキャンセルされることを考慮してキャンセル締め切りまで数時間の余裕があるタイミングになるよう設定されることをお勧めします。

配信時刻

配信は1日1回実施します。実施する時刻を指定してください。
システム負荷分散のため、ここで設定した時刻ちょうどから20分までの間で実際には配信開始されます。18時とした場合、18:00~18:20の間に処理が開始されます。完了までの時間は送信件数によって前後します。

 

配信時刻以降に絞り込み条件の入力欄が続きますがリマンドメールの場合は設定不要です。配信メール内容まで進んでください。

 

一括配信メール管理_管理画面_DEMOCOOKING_-_2017-03-06_16.11.12

送信元アドレス

リマンドメールの送信元になるメールアドレスを指定します。
お客様からメール返信がある場合があり受信できるアドレスを指定されることが望ましいです。

送信者名

リマンドメールの送信元の名前を指定します。お客様に見えるためスクール名などの分かりやすい名前を設定してください。
入力は必須ではありませんが、迷惑メールとして処理されないように設定されることをオススメします。

件名(PC)

リマンドメールの送信元の件名、メールタイトルを指定します。
後述の差し込みが利用可能です。以下のサンプルも参考にしてください。

サンプルスクール {$cu03}様 レッスン前日のお知らせ {$rv10}

本文(PC)

リマンドメールの送信元の件名、メールタイトルを指定します。
後述の差し込みが利用可能です。以下のサンプルも参考にしてください。

{$cu03}様

サンプルスクールです。
ご予約のレッスンが明日となりましたのでご連絡致します。

予約日時:{$rv10} {$rv11|substr:0:2}:{$rv11|substr:2:2}
スタジオ:{$rv08}
メニュー:{$rv09}

キャンセル・変更は予約システムまたはお電話でお願いします。
{$smarty.const.SSL_URL}user/

{$smarty.const.MAIL_FOOTER}

件名(携帯)
本文(携帯)

通常空欄で結構です。
お客様情報の「PCメールアドレス」と「携帯メールアドレス」で送信内容を別にする場合に設定をします。入力がない場合は「携帯メールアドレス」宛にPC用と同じ内容が送信されます。

差込配信について

件名と本文にはお客様個別の内容を差し込みできます。差し込みしたい箇所にコードを入力してください。コードは誤りがないようコピーして頂くことをお勧めいたします。

テスト送信

入力したメールアドレスにテストメールを送信します。
特に差し込み配信などが正常に動作しているかご確認ください。

一括配信メール管理_管理画面_DEMOCOOKING_-_2017-03-06_16.43.10

レポート送信先アドレス

配信のレポートを受け取るメールアドレスを指定します。配信が完了すると配信件数等のレポートが届きます。不要の場合は空にします。

エラー返信先アドレス

メール送信が宛先が見つからないなどでエラーとなった場合、メールが返信されるメールアドレスを指定します。
空にした場合は送信元アドレスの内容が使用されますので、通常は空で結構です。

Bccアドレス

通常は空で結構です。配信するメール全てのコピーを受け取るメールアドレスを設定します。配信数の数だけコピーのメールが届きます。

備考

管理用の備考等を保存できます。

 

以上で設定完了です。