スマレジと顧客情報を同期する設定方法をご案内します。


弊社サポートより以下の設定情報を取得してください。

  1. IPアドレス (スマレジに接続するフリーレッスンのサーバーIPアドレス)
  2. 送信URL (スマレジからフリーレッスンに接続する接続先URL)

スマレジの設定

スマレジのWebAPI設定を行います。

スマレジ 管理画面 WebAPIを開く

スマレジ管理画面にログイン後、[設定]-[システム連携]-[WebAPI設定] メニューにアクセスしてください。
※WebAPIが利用可能な契約な場合、WebAPIの設定画面が表示されます。

スマレジWebAPI設定 受信設定 トークン発行

1.[受信機能を利用する] を [利用する] に設定してください。
2.[アクセストークン発行ボタン] を押下し、アクセストークンを発行してください。
後の手順で使用するため[契約ID],[URL],[アクセストークン]を控えてください。
3.[IPアドレス制限]にサポートより連絡のあった[IPアドレス]を設定してください。
4.[エラー情報送信アドレス]に管理者メールアドレスなどのメールアドレスを指定してください。

スマレジWebAPI設定 受信設定 機能選択

5. [機能設定] より、[会員情報更新]を[利用する]に設定してください。
6. 画面下部にある [更新] ボタンを押下します。

7.[WebAPI送信設定]タブに切り替えます。

スマレジWebAPI設定 送信設定 パラメータ設定

8.[送信機能を利用する]を[利用する]に設定してください。
9.[送信URL]にサポートより連絡のあった[送信URL]を設定してください。
10.[パラメータ情報]の[+追加]を押下してパラメータを以下2つ設定してください。

contract_id=[受信設定で表示されていた契約ID]
access_token=[受信設定で発行したアクセストークン]

11.[エラー情報送信アドレス]に管理者メールアドレスなどのメールアドレスを指定してください。

スマレジWebAPI設定 送信設定 機能設定

12.[機能設定] より、[会員情報送信]を[利用する]に設定してください。
13. 画面下部にある [更新] ボタンを押下します。

以上でスマレジのWebAPI設定は完了です。

フリーレッスンの設定

管理画面にログイン後、[管理機能]-[基本設定]を開きます。

基本設定_スマレジ連携

[スマレジ連携]の項目の[契約ID],[WebAPI URL],[アクセストークン]にスマレジの管理画面に表示された内容を各々設定してください。

以上でフリーレッスンの設定は完了です。

スマレジとフリーレッスンの汎用マスタ設定

スマレジの汎用マスタをフリーレッスンのプロパティ管理に設定します。

スマレジの[会員]-[会員登録]-[新規登録]を開きます。

スマレジ 新規会員登録

[会員ランク]の[汎用マスタ設定]を開きます。

スマレジ 汎用マスタ設定

次にフリーレッスンの管理画面にログインした後、[お客様管理]-[一覧]を開き、右上の[新規追加]を開きます。

お客様情報_管理画面

[会員状態]の[編集]を開きます。

プロパティ管理_管理画面

スマレジの[コード] と フリーレッスンの[値] が一致するように設定を調整します。
フリーレッスンに登録済みの[値]を変更する場合はサポートまでご連絡ください。お客様情報の登録済みデータ処理を行います。

その他に基本設定の内容も必要に応じて再設定してください。
[管理機能]-[基本設定]を開き、[退会処理時にセットする会員状態],[登録時にセットする会員状態],[決済完了時に設定する会員状態],[決済完了時に変更対象とする会員状態]の設定をご確認ください。

以上で設定は完了です。
会員情報の登録・変更がある度に会員情報が同期されます。

すでに会員情報が蓄積されている場合

データをインポートすることで初期同期ができます。
サポートまでご相談ください。


※印刷機能はバージョン番号1590以上でご利用可能です。