フリーレッスンはスマレジと連携することで以下のことが可能になります。

  • フリーレッスン上のお客様情報をスマレジに反映する
  • フリーレッスン上の商品情報をスマレジに反映する
  • スマレジに入力した取引情報からフリーレッスンに契約を追加をする
  • スマレジに入力した取引情報からフリーレッスンのレッスン料を支払い済み記録を登録する

スマレジのAPI機能の利用には有料プランの契約が必要です。詳しくはスマレジのサイトをご確認ください。API機能のご利用にフリーレッスンへの追加費用はございません。

フリーレッスンのお客様情報をスマレジに反映する

スマレジAPI設定1

スマレジにログインし 設定 システム連携 スマレジAPI設定 を開きます。

スマレジAPI設定2

API受信設定 タブを開きます。

アクセストークン発行 をクリックしてアクセストークンを発行します。

受信機能を利用する を 利用する に変更して 更新 ボタンをクリックします。

もし可能であれば エラー情報送信アドレス にメールアドレスを設定してください。問題が発生した際に通知メールが届くようになり問題の早期発見・早期解決に繋がります。

フリーレッスンの管理画面の 管理機能 基本設定 スマレジ連携 を開きます。

スマレジAPI設定8

スマレジ管理画面に表示された 契約ID URL アクセストークン をそれぞれフリーレッスンに登録します。

以上で設定完了です。

設定後、お客様情報を登録もしくは変更したタイミングで順次スマレジに反映されていきます。

お客様情報を連携する場合は、スマレジで顧客情報の登録は行わないでください。重複などの問題が発生する可能性がございます。

インポート機能でお客様情報を一括登録した場合はスマレジに反映されません。

 

フリーレッスン上の商品情報をスマレジに反映する

フリーレッスンで商品(ネット決済マスタ)を登録した際にスマレジに反映する部門を指定します。

スマレジAPI設定9

スマレジにログインし 商品 部門(カテゴリ) を開きます。反映したい部門の 部門ID を控えます。

フリーレッスンの管理画面の 管理機能 基本設定 スマレジ連携 を開きます。

スマレジAPI設定8

API連携で商品を登録する際のスマレジ上の部門ID に控えた部門IDを登録します。

設定後、管理機能 ネット決済マスタ管理 で登録もしくは変更したタイミングで順次スマレジに反映されていきます。

ネット決済マスタにて 決済方法 が 一括支払 のみ反映されます。継続課金のタイプは反映されません。

 

スマレジに入力した取引情報をフリーレッスンに反映する

スマレジからのデータを受け取るアカウントを作成しますので、スタッフ管理 新規追加 を開きます。

スマレジAPI設定4

連携用のスタッフIDを任意に登録します。ここでは例として

ログインID apiuser

パスワード 任意の文字列

表示名 スマレジAPI

としています。

スマレジAPI設定5

登録が完了すれば、スタッフ管理 一覧 にて アクセス情報 を開きます。

スマレジAPI設定6

新規追加 を開きます。

スマレジAPI設定7

タイプ を APIトークン にセットすると自動的に IDコード が発行されますのでコピーして登録を完了してください。

スマレジAPI設定1

スマレジにログインし 設定 システム連携 スマレジAPI設定 を開きます。

スマレジAPI設定10

API送信設定 を開きます。

送信機能を利用する を 利用する に変更します。下にスクロールして

スマレジAPI設定11

取引情報送信 を 利用する に変更します。その右の 個別設定 をクリックします。

スマレジAPI設定13

ヘッダ情報 の +追加 をクリックして入力欄を追加し

左の入力欄に x-access-token を、右の入力欄には先程コピーしたIDコードを貼り付けます。

送信URL にはフリーレッスンの 管理機能 システム情報 に表示される スマレジAPI 送信URL をコピーして貼り付けてください。

スマレジAPI設定12

設定 ボタンをクリックして元の画面に戻りましたら、更新 ボタンをクリックして登録を完了してください。

スマレジに入力した取引情報からフリーレッスンに契約を追加をする

スマレジで販売業務から取引登録をする際に、フリーレッスンから連携して登録した 会員情報 と 商品情報 を選択して取引完了することで、フリーレッスン上の契約が登録されます。

 

スマレジに入力した取引情報からフリーレッスンのレッスン料を支払い済み記録を登録する

スマレジの管理画面にて、レッスン当日にレッスン料をお支払い頂いた場合の商品を登録してください。

スマレジAPI設定14

該当商品の 商品コード をコピーします。この例では reservefee が商品コードになります。

フリーレッスンの管理画面の 管理機能 基本設定 スマレジ連携 を開きます。

スマレジAPI設定8

都度決済予約の店頭決済として登録する商品コード  にコピーした商品コードを設定します。

以上で設定は完了です。

 

スマレジで販売業務から取引登録をする際に、フリーレッスンから連携して登録した 会員情報 と レッスン料当日払いの商品 を選択して取引完了することで、フリーレッスン上の予約で都度決済タイプの契約で予約されたレッスンの支払い記録が登録されます。