予約を受け付ける予約枠の設定は以下の方法があります。

  • イベントタイプ 予約枠の枠数が少ない場合におすすめです
    レッスンを行う日時・校舎・講師・受付人数を1枠ずつ登録します
    1枠ごとに設定を行います
  • スケジュールタイプ レッスンの時間割が予め決まっている場合におすすめです
    レッスンの日時と講師が予め決まっている場合、予約表と同じレイアウトで予約枠を登録します。
    1日単位で設定ができます
  • フリータイムタイプ 時間割が決まっていないマンツーマンや少人数のフリータイム制におすすめです
    レッスンと講師のシフトを登録しておき、予約受付時に両者を組み合わせるタイプ
    1ヶ月単位で設定ができます。

さらに、設定済みの予約枠をコピーする機能もあり、毎週や毎月など繰り返す予約枠も簡単に設定が完了します。
3つのタイプの予約枠を混在させることが可能です。


ここでは、スケジュールタイプの予約枠の設定をご説明いたします。

予約枠管理 >> テーブル設定 を開きます。

テーブル設定

ページ上部のメニューにて、スタジオと日付を選択して切り替えます。

レッスンを実施するタイムテーブルとテーブル・講師(上の例ではAスタジオなど)の交差する予約枠にあるプルダウンで実施するレッスンを選択します。
レッスンを選択すると左上のチェックボックスが自動的にチェックされ該当枠が有効になります。

1日分の設定が終われば、[保存]ボタンを押して完了です。
[保存&次]のボタンは現在の設定を保存をした上で、現日付の設定内容をそのままセットして次の日付を設定画面を開きます。スケジュールをコピーしたい場合に使用します。

予約枠にある各項目について

左上から順に
チェックボックス(左)…ログインして予約する生徒が予約できる枠にチェックをいれます
チェックボックス(右)…体験予約できる枠にチェックをいれます
数値(左)…予約受け入れ人数
数値(右)…上記のうち、体験予約の受け入れ人数(現在は人数の記録ができるだけで制限等の機能はしていません。)
テキスト入力欄…講師の名前やテーブル(ブース)などを自由に記録できます
プルダウン…メニューを選択すると該当枠のメニューが固定されます。

 


※この機能の利用にはバージョン番号610以上でご利用可能です。