校舎(スタジオ)の備品を登録し、レッスンに割り当てます。

例えばピアノを1台保有している音楽教室で、ピアノレッスンでは「ピアノ」を使用し、ボーカルレッスンでも「ピアノ」を使用する場合、ピアノレッスンの予約が入った時間には「ピアノ」を使用するほかのレッスン予約は受け付けられなくなります。


備品を登録する

保有している備品を登録します。

管理画面の『管理機能>>備品管理』を開きます。

備品管理

「新規追加」を開きます。

備品管理_登録

名称

備品の名称を指定します

有効

有効とすると備品を割り当てる際の選択肢に表示されるようになります。

並び順

備品の選択肢の一覧で表示される際の並び順を数値で指定します。
小さい数から順に上から表示されます。
数値は連続している必要はありません。

「確認画面へ」に進み「登録」をクリックします。


スタジオ(校舎)に備品を登録する

スタジオごとに保有している備品の数を登録します。

管理画面の『管理機能>>スタジオ管理』を開きます。

スタジオ管理_管理画面_DEMOEIKAIWA_-_2017-04-05_09.36.49

登録するスタジオの「変更」を開きます。

 

スタジオ管理

登録した備品が表示されていますので、保有数を入力します。

「確認画面へ」に進み「登録」をクリックします。

 


レッスンで使用する備品を登録する

レッスンを登録する際に使用する備品を登録します。

登録方法は「レッスンの基本情報を登録する」をご覧ください。

 


時間ごとに使用する備品の数を指定する

メンテナンスなどで任意の日時で使用できる備品の数を指定したい場合に便利です。

管理画面の『予約枠設定>>備品設定』を開きます。

備品設定

上部のプルダウンで設定を行う「年月」「校舎」「備品名」に変更します。

スタジオ(校舎)に登録した備品の数量が入っていますので、必要に応じて数量の変更を行い「保存」をクリックします。

この時に「保存&次」をクリックすると保存した後に、今保存した数量をそのままに備品を1つすすめた画面を表示します。

「保存&次」が不要な場合は基本設定から非表示に設定してください。