音楽教室なら毎週決まった曜日にレッスンを受講できるコース、または月6回まで好きな日時にレッスンを受講できるコースから選択できる。

スポーツジムはデイ会員、ナイト会員、休日会員といったコースをご用意している。

このように、同じ月謝でも様々な契約コースを設定している場合の管理方法です。

 


契約の新規追加に項目を追加する

 

契約の新規追加に項目枠を追加して、様々なコースを選択できるようにします。

 

月謝システム全体設定

『管理機能>>基本設定>>システム全体設定>>入力項目設定』の「変更」を開きます。

 

月謝契約入力項目設定
「カスタム使用欄1」にチェックを入れたら「保存」をクリックします。

これで入力項目枠がひとつ増えます。

 

次に、増やした項目枠の設定を行います。

 

月謝カスタム入力欄

『管理機能>>基本設定>>契約カスタム入力欄>>カスタム使用欄1名称』の「変更」を開きます。
カスタム使用欄1名称

項目枠の名称を指定したら「登録」をクリックします。(ここでは例として「コース選択」と指定します。)

 

項目枠のタイプを指定します。

『管理機能>>基本設定>>契約カスタム入力欄>>カスタム使用欄1タイプ』の「変更」を開きます。

 

カスタム使用欄1タイプ

プルダウンより使用するタイプを指定したら「登録」をクリックします。(ここでは例として『選択』を指定します。)

テキスト・・・生徒が自由に入力できます

複数行テキスト・・・生徒が自由に複数行で入力できます

選択・・・複数の選択肢をプルダウンで表示します

チェックボックス・・・複数の選択肢にチェックボックスを表示します

 


項目枠のタイプの選択肢を追加する

 

お客様の契約を新規追加する画面を開きます。

月謝お客様一覧

『お客様管理>>一覧』より生徒の会員Noをクリックします。(この時はどの生徒を選択しても大丈夫です。)

 

月謝お客様管理

上部メニューの「契約」をクリックします。

 

月謝契約
右上の「新規追加」をクリックします。

 

月謝コース選択
「コース選択」という入力項目が出来ているので、選択肢を設定します。

「編集」をクリックします。

 

月謝プロパティ管理

右上の「新規追加」をクリックします。

 

月謝プロパティ管理入力欄


選択肢を値で指定します。通常は選択肢表示と同じで大丈夫です。
並び順
選択肢の並び順を数値で指定します。
小さい数から順に上から表示されます。数値は連続している必要はありません。
選択肢表示
コースの名前を指定します。
(スポーツジム例:デイ会員、ナイト会員、休日会員など)

 

「登録」をクリックします。

同じ手順で他の選択肢を登録します。

 

 

月謝選択肢

コース選択の▼(プルダウン表示)をクリックすると、選択肢が追加されています。