■CTI機能とは・・・

お客様からの電話がかかってきた際、電話に出る前にお客様情報を確認できる機能です。

電話の着信音(呼出音)と同時にFreeLessonのお客さま情報がパソコンに表示されますので、
電話対応がスムーズになるというメリットがあります。

FreeLessonのCTI機能は「fullfree 」というソフトを使用します。
月100回までの着信は無料で利用できますが、100回を超える場合は「Fullfree PRO」へのアップグレードが必要です。

まずは無料版で試してみて、必要な場合にアップグレードを行っての使用継続をお勧めします。

CTIの使用イメージはこちらをご覧ください。

■CTI機能の導入方法

注意事項:下記の操作は必ずCTIを使用するするパソコンで行ってください。

 

【事前準備】
FreeLessonの管理画面より『管理機能>>スタジオ管理』を開きます。

 

1
CTIを設定するパソコンを設置しているスタジオ(教室)の「アクセス情報」を開きます。

 

2
「新規追加」を開きます。

 

3
「設定方法」に表示されているURLをメモしてから「登録」をクリックします。

 

【CTIの設定】

 

4
こちらのページより「fullfree 」をダウンロードしてインストールします。

インストール方法はこちらをご覧ください。

 

5
インストールした「fullfree 」を起動して ファイルの「新規作成」を開きます。

 

6
「データベースの作成」の「すべて自分でテーブルを設定する」を選択して「OK」をクリックします。

 

7
「CTI」の「CTI設定」 を開きます。

 

8
新しく開いたウィンドウの「自動検出」をクリックします。
自動的に「内線番号」「ユーザID」「パスワード」が入力されます。

入力されない場合はルーター側の設定が必要ですので、こちらのページより設定画面を開き、
ルーターを設置した際に登録したユーザIDとパスワードを入力してください。
分からない場合は、ユーザIDに「user」、パスワードに「user」や「0000」などもお試しください。
PR-500KI_naisen1

ログインしたら、「電話設定」の「内線設定」を開きます。
内線番号「3」ニックネーム「IPphone1」の利用有無にチェックをいれます。すでに入っている場合は内線番号4以降の1つにチェックを入れてください。
「設定」ボタンをクリックします。

再度、fullfreeの画面に戻り「自動検出」をクリックします。

 

9

「起動時に自動的に接続する」にチェックをして「カスタム通知」タブを開きます。

 

10
「通知方法」の▼より「ブラウザで開く」を選択します。

 

11
「通知方法」のURL欄に、【事前準備】でメモしたURLを設定して「OK」をクリックします。

 

以上で設定は完了です。

 

なお、「アクセスされた端末とCTIシークレットの連携登録がされておりません」と表示される場合は、
エラーが表示されたブラウザでフリーレッスンの管理画面にログインし、「管理機能>>スタジオ管理>>アクセス情報>>CTIシークレットの変更」を開き、内容を変更せずに登録を行ってください。これで連携登録されます。

 

お客様より着信があるとFreeLessonがブラウザで立ち上がり、お客様情報が表示されます。

上記の設定で使用できない場合はお問合せください。