スクール情報誌は?と聞かれるときっと「ケイトとマナブ」を挙げない人はいないでしょう。

しかし最近、スクール情報誌「ケイコとマナブ」を見たことありますか?

ありませんよね?

なぜならは約1年前の2016年4月を最後に紙媒体の「ケイコとマナブ」は休刊となってしまったのです。理由は

インターネットの普及やスマートフォンの所有率が高まる中、インターネットを利用し資格や習い事に関する情報取得や資料請求などを行う方が増えております。この流れを受け情報誌の休刊を決定し、資格取得や習い事に関する情報発信および予約に関するサービス提供は、学びの総合サイト『ケイコとマナブ.net』に注力していきます。
株式会社リクルートライフスタイル プレスリリースより引用

情報誌からインターネットへの「ケイコとマナブ.net」へ完全に軸足が移ってしまったということでしょう。すでにひしひしと感じられていると思いますがネット広告の重要性は高いものになっています。
すでに実施されているかもしれませんが、ネット広告には様々なメディアがあり料金体系や利用方法も多岐に渡ります。さらにはメディアごとの強みや複数メディアを組み合わせた予算配分の検討など悩みはつきません。

フリーレッスンでは予約システムの提供だけでなく、新規顧客開拓の多チャンネルの1つとして「ケイコとマナブ.net」も場合によってはご案内しております。Google AdwordsYahoo!プロモーション広告 および facebook 等のSNS広告などを予算に合わせて広告戦略から出稿代行まで一気にサポートさせて頂いておりますので、ご興味の際はサポートまたは営業担当者までお問い合わせください。

フリーレッスンの予約システムとしては、顧客情報としてリード媒体を登録して体験レッスン後の入会率や入会後の継続率のデータに利用でき広告戦略へのフィードバックさせることができます。さらにフリーレッスンに登録した予約枠データを「ケイコとマナブ.net」用に出力できて面倒な予約枠の同期も簡単です。

スクールの立場にたったサービスをこれからも提供してまいります。