スクール・教室向け予約システム | FreeLesson

お知らせ

NEWS RELEASE

2019-2020年 年末年始営業日のご案内

年末年始営業日のご案内 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を年末年始休暇といたしますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 【年末年始休暇期間】 2019年12月28日(土) 〜 2020年1月5日(日) ※システム保守部門については期間中も対応しております。 大変不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

臨時休校になった場合の対応について

天候不良や講師の体調不良などでレッスンの開催が不可能になる等、急遽臨時休校となった場合の対応方法をまとめました。 臨時休校には下記3つの作業を行うことで、全生徒への通知が可能となります。 ■予約を一括でキャンセルにする ■マイページに臨時休校のお知らせを掲載する ■メールで全生徒に臨時休校をお知らせする   事前準備 まずはこのような状況が発生する場合に備え、一括キャンセルの設定を行っておきます。 設定方法はこちらをご覧ください。 基本設定>>一括キャンセルの登録をする   臨時休校が決まった時の対応 ■予約を一括でキャンセルにする 休校が決まった時点で入っている予約を一括でキャンセルにします。 その際、予約を入れていた生徒にキャンセルの案内メールを送信できます。 また、他に予約が入らないよう、予約枠を閉じることもできます。   一括キャンセルを行う方法はこちらをご覧ください。 一括キャンセルの処理を行う   ■マイページに臨時休校のお知らせを掲載する 生徒がマイページにログインした際に読んでもらえるよう、トップページに臨時休校のお知らせを掲載します。     お知らせの掲載方法はこちらをご覧ください。 生徒のマイページにお知らせを表示する   ■メールで全生徒に臨時休校をお知らせする 予約をキャンセルにした生徒やマイページにログインした生徒以外の生徒にもお知らせするため、 メールで全生徒に臨時休校をお知らせします。 「メール一括配信」機能よりメールを設定します。 その際、配信方法は「お客様へ」の「日時指定」を選択します。   メール一括配信の設定方法はこちらをご覧ください。 レッスン前日にお知らせリマインドメールを送る [...]

指定した週に同じ時間のレッスンを「クラス」として登録・管理する

指定した週に同じ曜日、時間、講師、レッスンを「クラス」として登録し、受講する生徒を管理します。   クラスの新規登録   『管理機能>>クラス管理>>一覧』を開きます。 右上の「新規追加」を開きます。     各種項目を指定します。 週 レッスン開催週にチェックを入れます。 クラス定員 このクラスに所属出来る定員を入力します。 予約枠定員 レッスンを予約できる総定員を入力します。   入力が完了したら「確認画面へ」に進み、内容に誤りが無ければ「登録」をクリックします。   所属する生徒の登録   『管理機能>>クラス管理>>一覧』を開きます。   該当するレッスンの「空席/定員」をクリックします。   「所属生徒」欄で生徒の会員Noを指定して「追加」をクリックします。   なお、登録したい生徒が指定レッスン(上記の場合は中級レッスン(グループ))の予約ができる契約を行っていない場合は、先に契約コースを登録します。 契約コースの登録は、生徒にマイページより支払いを行っていただくか、管理画面より登録を行ってください。     生徒の登録が完了し、生徒にはこのクラスで指定された所属機関、週、時間のレッスン予約が入っています。 以上で作業は完了です。     引き続き生徒を登録する場合は、同じ操作を繰り返します。 [...]

休会・退会の登録方法

お客様の休会・退会の登録処理を行う方法です。 休会期間の指定、休会期間中に休会用月謝を設定して毎月クレジットカード決済を行うことも可能です。     日にちを指定して登録処理を行う   『お客様管理』の一覧もしくは検索で該当する生徒を表示します。 該当するお客様の会員Noをクリックします。   「休退会」をクリックします。     ■休会の場合 休会日を指定して「処理実行」をクリックします。 ・休会用の契約が指定日の翌日を開始日としてセットされます。 ・指定日の翌日以降に入っている予約が全てキャンセルされます。 ・契約中のコースの終了日はが指定日以降、もしくは終了日がセットされたいない場合、終了日が休会日にセットされます。 ・会員状態は「休会会員」になりますが、お客様情報は有効セットされています。 そのため、会員は引き続きマイページへのログインが可能です。   復帰する際は、お客様情報の「変更」より会員状態を「本会員」に変更し、「有効」のチェックを外している場合はチェックを入れます。   ■退会の場合 退会日を指定して「処理実行」をクリックします。 ・指定日が本日より前の場合はお客様情報が無効にセットされます 。 ・指定日の翌日以降に入っている予約が全てキャンセルされます。 ・契約中のコースの終了日はが指定日以降、もしくは終了日がセットされたいない場合、終了日が退会日にセットされます。 ・会員状態が「退会会員」に更新されます。   ■休会期間が決まっている場合と休会中も月謝を回収する場合   休会するお客様の詳細より「契約」をクリックします。 右上の「新規追加」をクリックします。   [...]

消費税率の引き上げに伴う対応に関するお知らせ

2019年10月1日に予定されている消費税率引き上げに関する弊社における消費税等の取り扱いにつきまして、下記の通りご案内申し上げます。 2019年10月1日以降に弊社がご提供する商品・サービス等に係る消費税率は10%となる予定です。 フリーレッスン月額利用料(クラウドプラン等の月額費用)およびオプション利用料(独自ドメインオプション等)については、11月ご利用分(10月28日口座振替)より10%を適用してご請求となります。 お申込み時のフリーレッスン初期費用および初月利用料については、お申込書が10月1日以降に到着したお申し込みから10%を適用させて頂きます。お見積書を発行している場合でも、お申込書の到着日による税率適用となります。 有償機能追加およびその他の一時費用については、2019年10月1日以降に費用請求させて頂くものから10%を適用してご請求となります。お見積書およびご発注時点での税率ではなく、ご請求時点での税率適用となります。 ご不明な点がございましたら、当社サポートまでお問い合わせください。

2019年10月からの消費税10%引上げ時の対応について

2019年10月1日より消費税の税率が8%から10%に変更されます。 これに伴い、フリーレッスンでは下記の作業が必要になります。 事前に内容をご確認のうえ、10月のレッスン設定を行う前までに対応をお願い致します。 なお、予約枠のコピー機能を利用する場合、「その都度払い」の設定があるレッスンのみ10月へのコピーは行わないようご注意ください。   レッスン設定の変更作業   管理画面より『レッスン管理 >> 一覧』を開きます。   現状のレッスンのうち「その都度払い」の設定があるレッスンのみ、閉講日と予約終了日を「2019年9月30日」に変更します。   「その都度払い」の設定があるレッスンをすべてコピーします。 コピーしたレッスンの「その都度払い」の金額を消費税10%の金額に変更します。 開講日を「2019年10月1日」、予約開始日を貴校の規定の日に設定し、必要に応じて閉講日と予約終了日を設定します。   ネット決済マスタ管理の変更作業 管理画面より『管理機能>>ネット決済マスタ管理』を開きます。 現状の使用終了日をすべて「2019年9月30日」に変更します。   2019年10月以降も受け付けるコースをすべてコピーします。 コピーしたコースの価格を消費税10%の金額に変更します。 使用開始日を「2019年10月1日」に設定し、必要に応じて使用終了日を設定します。     クレジットカード決済の月謝自動引き落とし金額の変更作業   契約コースのタイプが「期間回数性」で月謝支払いになるコースを設定しており、クレジットカード決済による月謝の自動引き落としを行っている場合は、下記の作業も行ってください。   PayPalの場合 PayPalにログイン後、右上の歯車アイコンをクリックしたら「販売ツール」を開きます。   「支払いの受取りとリスク管理」より自動支払の「更新」をクリックします。   [...]