機能紹介

ABILITY

予約受付

日付指定予約状況

日付指定予約状況

カレンダーで日付を選択した日別の予約状況を見せることができます。
1日に多数のレッスンを頻繁に実施する体験ツアーやワークショップなどの利用が向いています。

予約状況カレンダー

講師指定

カレンダー形式で実施レッスンと予約空き状況を表示します。
表示切り替えをすれば、月表示・週表示・3日表示・1日表示・リスト表示へとかわります。
1日あたり予約枠が多くない限りはほぼすべてのスクールでご利用頂ける表示方法です。

レッスンの予約状況

レッスンごとの予約状況を見せることができます。
毎月レッスン内容がかわり一ヶ月の間に何度も同じレッスンを実施するような料理教室やフラワースクールなどで利用されています。

講師指定予約状況

日別に全講師の予約状況を見せることができます。
生徒が講師を意識的に選択する特にマンツーマンレッスンを実施する英会話スクールや音楽スクールでの利用が多い表示方法です。
お気に入り講師を登録しておけば、お気に入り講師だけの予約状況が表示できます。

講師指名

講師指定

予約時にレッスンを担当する講師を指定できます。
予約したい講師を指定して予約状況を検索ができ、お気に入りの講師で予約可能な日時を簡単に探せます

生徒別オリジナル予約状況

生徒別オリジナル予約状況

生徒の契約内容に合わせた予約できるレッスンやタイムテーブルに予め絞られていてわかりやすい予約画面

契約によるレッスン制限

契約別レッスンメニュー制限

生徒個別の契約内容により予約できないおレッスンがある場合にレッスンを表示しないようにできます。生徒様に誤解や混乱を招くことを防ぎます。
または、レッスンは表示しておき予約しようとした段階で契約内容により予約できない旨を表示してより上位契約への促す運用も可能です。

1ヶ月あたりの予約上限数

講師指定

1ヶ月あたりの予約可能な上限数を超えて予約してしまわないように制限できます。
月謝制のスクールで1ヶ月に4回までとしていても、制限なしに予約を受け付けてしまってはレッスンの度に回数を確認する手間が必要になったり、レッスンに生徒がきてから回数オーバーを伝えなければならずクレームにもなりかねません。
システムでしっかり制限することで安心してレッスンができます。

1日あたりの予約上限数

講師指定

1日あたり予約できる数を制限することで、例えばレッスン受け放題のプランを提供した際に1日1回までといった制限ができます。
また受け放題でなくても集中力がもたないため2コマまでに制限しているスクールもございます。

契約回数による制限

講師指定

契約時の回数以上に予約を受け付けないよう制限することができます。
チケット制・回数券などの運用に適しています。

同時予約数の制限

講師指定

予約をたくさん取っておき締め切り直前になると次々キャンセルをするような生徒は少なからずいるものです。予約状況では満席がいっぱいなのに締め切りを過ぎた時には空席が目立つという事態を招かないためにも同時に予約ができる数を制限する機能が必要です。
同時予約数を制限しておけば、レッスンをうけるかキャンセルするまで予約をすることはできなくなります。
制限数は自由に設定ができ、生徒個別にも設定できます。

時間帯の制限

講師指定

予約できる時間帯を制限して、平日昼間だけ予約可能といった予約する時間帯の制限を設けることができます。
平日昼間だけの会員は通常より安くするなど、より多様な料金体系を実現することができます。

体験予約

ビジター予約

体験レッスンの予約をオンラインで受け付けることで気軽に予約に到達させるだけでなく、体験レッスンの選択~予約日時の選択のプロセスはより体験レッスンへの期待を膨らませ、より多くの体験レッスンを獲得することに繋がります。
予約受付と同時に仮会員として登録しますので、体験後に契約に至った場合も簡単に本会員に昇格することができます。

会員登録フォーム

講師指定

初めての予約を行う前にまずは会員登録を済ませるタイプです。
会員登録を先にすませているため、予約受付は簡単に完了します。
オンライン決済をする場合に多い運用方法です。

体験希望日フォーム

講師指定

体験予約を実施する日時の希望をフォームでうけとり、スタッフが実際の体験レッスン日時を割り当てるタイプです。
体験予約の枠を確保していなかったり、予約状況や講師の出勤状況をみて日時を決定したい場合など柔軟な対応が必要なスクールで利用されることが多い運用方法です。また直接予約をする体験予約でお客様の取りこぼしを減らすために、体験予約と並行して利用することもございます。

管理画面

予約表

予約表
システム化によるストレスを最小限にするためにも、一番使用頻度の高い予約管理表をより直感的なものしました。

予約設定

予約設定

フリータイム(自由予約)制に特化
スクール特有のフリータイム制の予約は極めて特殊で、特化した予約システムでなければ、運用に即したオンライン予約を実現することはできません。

対応可能な講師設定

対応可能な講師設定

講師ごとに対応可能なレッスンを予め制限することで、生徒に自由な予約体制を提供しつつも、より最適な講師の配置を実現します。

ビジター枠の確保

ビジター枠の確保

契約済みの生徒様の予約で予約枠が埋まってしまうのを防ぎ、体験レッスンのための枠を確保することができます。

予約枠一括コピー

予約枠一括コピー

過去の設定済みの予約枠を一括でコピーでき、曜日ごとにパターンが決まっている場合には簡単に設定を行えます。

グループレッスン対応

グループレッスン対応
グループでのレッスンも混在可能で、二人目以降の予約を自動的にグループ化します

予約時のレッスン決定

予約時のレッスン決定

グループレッスンの場合、一人目の予約が入るまでレッスン内容を固定しないため、生徒により多くの選択肢を提供できます

契約残回数表示

契約残回数表示

ajax予約UI

ajax予約UI

予約表の画面切替なく予約を完了できて、早くてわかりやすい

予約メモ

予約メモ

予約に関するメモも一緒に記録でき、レッスン時の見逃しを防ぎます

予約・キャンセル受付メール送信

予約・キャンセル受付メール送信

予約をすれば自動的にメールが送信されるので、お客様も安心です

契約タイプ(期間回数制・期間制・都度払い)

多様な契約タイプをカバーしているので、より魅力的なコース設計ができます

校舎間移動

校舎間移動

複数校舎がある場合は生徒は校舎に制限されることなく予約できます

予約・キャンセル個別の締切時刻設定

予約・キャンセル個別の締切時刻設定

キャンセル締切より予約締切を遅らせて、より多くの予約を受けながら直前のキャンセルを回避できます

同時予約数制限(全体・1ヶ月・1日・生徒)

同時予約数制限(全体・1ヶ月・1日・生徒)
とりあえずで予約しておき、近い日程でキャンセルをされる例はよくあります。同時予約数を制限して正常な予約へ導きます

並行契約設定 期限・優先順による自動決定

並行契約設定 期限・優先順による自動決定

継続契約や複数契約の設定が可能で、様々な状況にも対応します

備品在庫管理

備品在庫管理
レッスンで使用する備品の数により同時に実施可能なレッスンが制限される場合にも対応しております。
料理教室ではオーブン、音楽スクールではピアノやDTM、ゴルフスクールではレフティ打席など

チケット制対応

チケット制対応
回数チケットを事前に購入し、予約のたびにチケットを減らしチケット以上の予約を受け付けません。もちろんキャンセルした分は元に戻ります。

無断・直前キャンセル対応

無断・直前キャンセル対応

オンラインでのキャンセル締切後もキャンセルは発生しますが、直前キャンセルは受講したことと同じとするだけでなく、キャンセル料の支払いにより直前キャンセルでも通常のキャンセルと同扱いに移行させることも可能です

レッスン集計

レッスン集計

レッスンに使用する教材を用意する際、レッスン数の集計が簡単にできます。

予約表印刷

予約表印刷

当日の予約状況を印刷して講師向けに掲示したり、出席確認に使えます。

予約履歴

予約履歴

予約の履歴を様々な条件で絞り込んで確認できます。

予約日前お知らせメール

予約日前お知らせメール

レッスン料支払い記録

レッスン料支払い記録

レッスン料を事前に回収するときは、回収済みの記録も簡単に残せ、レッスン時に未回収の生徒がすぐわかります

関連機能

個人情報の一元化

個人情報の一元化
会員登録をオンラインで行うことで、スタッフのお客様登録作業を軽減し、誤入力を回避できます。

ポイント機能

ポイント機能

ポイントカードを発行せずにポイントをお客様に提供できます。生徒画面でポイント履歴の確認ができます。

タイムカード

タイムカード

データ化された出退勤の記録ができ、機器の設置は不要、

メニュー紹介CMS

メニュー紹介CMS

ダウンロード

ダウンロード

メール一括配信

メール一括配信

日別メモ

日別メモ

お客様カルテ

お客様カルテ

校舎個別運用

校舎個別運用

事前決済

事前決済
オンライン決済のクラウドペイメントと連携して、クレジットカード決済に対応しています。予約時はもちろんキャンセル時の取消やキャンセル料への切替も自動的に行います。
クラウドペイメント社との別途契約が必要です。

メール配信

メール配信

セキュリティ・リスクヘッジ

SSL暗号化標準装備

ご使用の端末とサービス間の通信を暗号化し、情報の漏洩や改ざんを防止します。

接続元IP制限

接続元IP制限

管理画面への接続元を予め登録してあるIPアドレスのみに制限し不正アクセスを未然に防ぎます。
スタッフは自宅や外出先のスマホからアクセスできなくなり情報統制に役立ちます。

接続元PC制限

接続元PC制限

解除権限のあるスタッフがログインした端末でなければ、解除権限のないスタッフはログインすることができないようになります。
同じ拠点内でもスクール事業に関係ない端末からのアクセスを禁止することができます。
特にWiFiを利用することが多いスクールでは2重3重の備えとしてご利用頂いております。

スタッフID別権限

スタッフID別権限

管理画面を利用するスタッフ別にログインIDを発行し、そのスタッフに必要な操作だけに権限設定を行います。
スタッフのログインIDは管理画面から発行でき、発行数に制限はありません。

自動ログアウト

自動ログアウト

店頭での顧客対応では、しばしばPCの前が無人になることがあります。
一定時間操作がないと自動的にログアウトをして、個人情報の漏洩など不正な操作を未然に防ぎます。

スタッフ操作ログ

スタッフ操作ログ

データの登録や変更などの記録を一定期間保存しています。
異常なデータが見つかった場合の調査や、残念なことですがスタッフのよる不正の抑止力になります。

安定したシステム運用

安定したシステム運用のために、システムのバージョンアップは個別に対応を行っております。
ある日突然に新しい機能が追加されたり、繁忙期にシステム変更が重なるようなことがなく、スクールのペースでバージョンアップが行えます。

情報漏洩対策

 個人情報の取り扱いについては、当社内でも慎重かつ厳重な体制を維持するため、ISMSと同等レベルの社内基準にて管理を行っております。

クラウド化による天災対策